改めて日本人でよかった~と思った昨日

5月からの御代替わりに先駆けて、昨日新元号が発表されましたね。


令和。


菅官房長官が発表した時は一瞬だけちょっと硬い印象を受けた「令」の漢字ですが、私の中ではすでにいい感じに響く元号となっています。

中国古典ではなく日本の万葉集が出典と聞き喜んでいるのは、私だけではないはずですよね。


すでに一度平成への御代替わりを体験済みの私は、その時は平成という元号に慣れるのにちょっと時間がかかったように記憶しています。昭和生まれの私にとってそれだけ昭和という時代は永遠に続くような気がしていたのかもしれませんね(笑)


昭和生まれの人が明治生まれの人に感じたように、これからの令和生まれの人は昭和生まれの人は古~い時代の人って思われちゃうんでしょうね・・・


新元号発表の日や御代替わりの瞬間には日本にいる予定はなく、いないから何がどうってこともないんでしょうが、日本大好きな私はちょっと寂しい感じがしていたのですが、訳あって1ヶ月ほど前から日本に滞在中です。


元号を使うことに反対している人もいるそうなんですが、私は誇るべき日本の文化だと思います。


元号発表の昨日、そして1ヶ月後の御代替わりの瞬間に日本にいることができるようになり、私としてはとてもうれしく思っています。


日本人でよかった~と改めて感じた昨日。


残り約1ヶ月の平成。


そして、5月からの令和。


いい時代となりますように。

0コメント

  • 1000 / 1000