ニュージーランドの日本国総領事館のサービスはそんなに悪いのか?

先日、新しくしたパスポートを受け取るために在オークランド日本国総領事館に行ってきました。

取りに行く当日、その場所を最終週確認するためにグーグルで検索した時、フッと評価のところに目が行きました。


評価は2.8。


え?そんなに低いの?とちょっと興味を持ち、Googleのクチコミという項目を見てみました。

まず、多かったのが「very rude」、つまり「非常に失礼」な態度だったというコメント。


へぇ。そうなの?


次に気付いたのは☆の数がほとんどが1つか5つという両極端だったこと。何個か4個というのもありましたが、コメントも含め両極端。


どういうこと?


よく見ると、低評価をつけているのは日本人ではない方がほとんどでした。


そして、いざ在オークランド日本国総領事館へ。


アジア系の方が一組並んでいたので、その後ろに並び順番を待ちました。


次の方という声で窓口へ。パスポートを取りに来た旨を伝えると、申請ではなく受け取りですねと聞かれたので、そうですと答えると名前を聞かれました。名前を告げると、はい、ではあちらに掛けてお待ちくださいと言われました。


パスポートの受取日は指定していくのですが、名前を告げた時チラッと下の方を見て、何かを確認していたようなので、来館予定者のリストがあるのかなと感じました。これは私の勝手な印象です。


待つこと5分ちょっとで名前を呼ばれ、無事新しいパスポートを受け取りました。


で。


特に失礼な態度もなかったんですが・・・


ただ、もちろんフレンドリーで笑顔になる対応だったかというとそんなこともありません。


お役所的な普通の対応でした・・・


で。あ!と思いました。


低評価をつけていたのはほとんど日本人ではないだろうと思われる方々という点。


全部が全部というわけではないし、対応した人にももちろんよりますが、ニュージーランドのサービスはとてもフレンドリーというか、フレンドリー過ぎのようなところがあります。


今は慣れましたが、元々フレンドリーな主人も対応した店員さんや係の人と親しげに話しているので、「友だち?知り合い?」と後から聞くと全然知らない人ということはよくあります。


確かに、例えばニュージーランドの空港のパスポートコントロールの人や税関の人は決してフレンドリーな対応ではないことがほとんどだと感じますが、中にはフレンドリーな人もいます。


日本では、特に役所系の窓口では「お役所的な対応」ってありますよね。決してフレンドリーとは言えないし、笑顔がないことがほとんどだと思います。時にはちょっと失礼というか冷たいというか融通が利かないというか、そんな風に感じる時もありますよね。


でも、私が受けた先日の在オークランド日本国総領事館での対応は、日本人から見たら普通に丁寧なものだったと感じるものだと思うのですが、笑顔もない対応は外国人の方々には失礼なものと感じるのではないのかなと思いました。


ニュージーランドに住んでいて、こちらの人からいただく日本や日本人へのコメントはほとんどが良いものです。


よく働く。親切。優しい。清潔。正直。食べ物がおいしい。サービスがいい。等々。


日本国総領事館に行くということは、何かしら日本に興味があるとかビザを申請して日本に行く予定がある人とか、ある程度日本に関わりがあっていろいろ調べたりしている人達だと思うんですよね。


私が思うに、日本への理想というかが大きくなりすぎて、「お役所的対応」に衝撃を受けてしまうんじゃないかなぁという結論に達しました。


思い込みと文化の違いをわかってないため、勝手に怒ってる?みたいな感じでしょうか。


在オークランド日本国総領事館だけではなくウェリントンにある大使館もそうだと思いますが、利用を予定されているみなさん、日本人にとっては普通に丁寧と感じる対応をしてくれますので、どうぞ安心してくださいね(笑)

0コメント

  • 1000 / 1000